北毛女子のつれづれなるままに。

北毛[ホクモウ]地区(群馬の県北地域)に住むOver30女子の徒然日記。地域ネタをメインに、my田舎ライフを少々綴っています。


【kimono】 浴衣を夏着物風にコーデ | 小物が少ないと色合わせが難しい。。。

 

本日は、久々の【着物】ネタです。

今年の夏は女ップリを上げて、
浴衣を”夏着物風”に着てみようと計画してます。

夏イベントに着て行けるようにと、手持ちのアイテムでコーデを考えてみました。

f:id:sasugami:20150725145002j:plain

 

昨年の秋から着付けを始め、
それをきっかけに自分用の着物も少しずつ集め始めて、
そして、今回初めて夏を迎えます。

夏は他のシーズンとは違う、夏用の小物を使うようになるので、
初心者の私にはコーデを楽しめるほどのアイテム数が、残念ながら揃っていません。

このコーデに、帯揚のピンクが強い気がするのですよね。。。
うーーーーーむ。。。どうしましょう。

今年の夏は、コーデも着付けも勉強というコトで、
周りの皆様の着こなしを観察しつつ、また少しずつアイテムを増やしていこうと思います。

 

■ 浴衣の着付け 参考BOOKのご紹介

ちなみに、浴衣や夏着物については、『七緒vol.42』を私は参考にしています。
年代別や体型別に合う浴衣・浴衣のキホン等を特集しているので、浴衣初心者にも楽しめる内容となっています。

 

それから、もう一冊オススメがあります。
宝島社出版の『大人のゆかた入門』

こちらも浴衣のキホンから着付けの仕方、そして、大人としての浴衣を着こなす方法等、まさしく「大人のゆかた」について入門できる内容となっています。
私のFavorite着付師大久保先生も特集に参加していて、「粋な大人のゆかた」について語られています。

大人のゆかた入門 (e-MOOK)

大人のゆかた入門 (e-MOOK)

 

 

〈 過去記事 〉 ~大久保信子先生

sasugami.hatenablog.com

 

 

■ 夏のオススメ小物 『洗える帯揚

上記でもご紹介している夏用の帯揚
ラミエール素材の帯揚で、自分で洗えます!

一般的な洗える帯揚はツルツルしていて締りが悪く、着付けしにくいのですが、
この帯揚は生地がシャリシャリとしていて、初心者の私にも使い易いです。

一日着物を着ていると、帯揚って結構しっとりと湿るんですよね。
それを考えると、正絹の帯揚げを使うのに気が引けてしまい、、
お祭りや花火大会等、外のイベントは”洗えるもの”がイイナと思っていた時に見つけました。

しかも、お値段も3千円弱とお手頃。
上記で帯揚の色に迷っている話を書きましたが、この価格で洗える素材なら、もう1枚くらいあってもいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする